無料ゲームの総合サイト!フラッシュゲーム・ダウンロードゲームの無料で遊べる人気RPG、スポーツ、アクション、マリオ、パズル、麻雀が6000種以上掲載!

スマホ無料ゲームスマホ版 携帯無料ゲームモバイル版


無料ゲーム総合サイト

無料ゲーム > ダウンロードゲーム > アドベンチャー > 恋愛ゲーム

無料ゲーム:向こうの彼女


[ ダウンロードアドベンチャー恋愛ゲーム ]
向こうの彼女 学校の君とゲームセンターの君は何かが違っていた・・・。分岐なしの一本道の短編恋愛ビジュアルノベルゲームです。不思議なストーリーのノベルゲームが好きな方におすすめです!
向こうの彼女の全てのコメント

最後のあたりがちょっとすっきりしないが、話は短くて感動できるのでやってみる価値はあると思います
2004/5/7 19:43:52
感動しましたよ!!
2004/8/6 7:48:0
感動、とはちょっと違うかな
物語の残酷な部分をもっときちんと書いてほしかったです
そうしたら名作になれそう
2004/8/15 19:4:21
話の終盤、特に「この世界に二人〜」の部分は賛否両論に分かれそうです。さらに、この話をハッピーエンドとするかバッドエンドとするかは、主人公が最後にとった行動をどう捉えるかで決まるでしょう。しかし、どちらにしても深く考えさせられる、とても素晴らしい作品でした。
ただ、あえて言うなら、やはり自分もこの話の残酷な影の部分まで(あと少しで良いので)詳しく書いてくれると良かったと思います。主人公に、(良い意味、悪い意味で、)これだけの人間らしさを持たせた作品も、そう滅多にないのですから。
それでも、間違いなく名作だと思うので、ぜひ一度、やってみて欲しいです。
2004/9/15 15:9:0
やるなよ
やったら………ケツ拭けよ
2004/9/18 21:0:42
片方を自分の手で殺したのか、世界が消してくれるようにお祈りでもしたのかは知ったことではないですが、どちらにせよこのエンディングはちょっと怖い。
彼女がニコニコ顔でいられるような神経をしていないから面倒なことになったのに。それとも、彼女は何も知らず勝手に主人公が自己解決の道でも選んだのでしょうか?それであれなら、女性としては頭脳が間抜けですよ。
まぁ、稚拙な思い込みと恋愛感情だけで運命を弄ぼうというなんとも傲慢な話ですしねぇ。そもそも、泣き言を言いたいのなら、現実的に努力をしてからでも遅くないでしょう。あんなに悲壮感が滲まないのでは、同情すらできません。
この作品で考えることがもしあるとすれば、わたしたちの現実は決して逃避を許してはくれないということですかね。あなたも彼らと一緒に絶望でもしますか?
2004/11/12 3:51:22
最後がちょっと・・・
主人公が向こうに行ったのかなぁ?
2005/3/4 1:40:0
↑×2 あぁそう?
あんたみたいな現実主義者気取りの意見はたまに聞くけどはっきし言ってウザイよ。
もはや感想の域じゃないし。
それとも何?自分のアピールでもしたいのか?
えらそうに語ってるけどもろ厨房発言だから見ててイタイね。ガキだっつーこともろばれだよ。
それに文法変だよ。
2005/9/23 21:42:56
一回目読み終えたときに「あれ、結局何がどうなったの?」と思いました。
その直前までかなり盛り上がってたのに、ちょっと拍子抜けしたって言うのが正直な感想です。
それでもかなりのめりこめたのも確かです。
最後については人によってはかなり後味悪いとも思えますけど、そこは読んだ人個人に
任せられた域ということではないでしょうか。

2005/11/9 3:59:31
ようは無口な方を消したってことか
2006/7/14 21:33:22
彼女がニコニコ顔でいられるような神経をしていないから面倒なことになったのに。それとも、彼女は何も知らず勝手に主人公が自己解決の道でも選んだのでしょうか?それであれなら、女性としては頭脳が間抜けですよ。
 
違うぞ。たぶんわかっているから無理をしてでも微笑むんじゃないか。
2007/12/22 12:37:24
核心を伏せてあとは読者の想像にまかせるってのは悪く言えば逃げだと思う。
確かにハッキリ書いちゃったら賛否両論(否のほうが多いだろうけど)になるのは目に見えてるけど。
無理に都合よく終わらせるよりはバッドな終わらせ方のほうが心に沁みたと思う。
割とありがちなシナリオとはいえ、表現力はあるほうだと思うので、最後だけ書き直せば短編名作になりそう。

主人公が向こうに行った、はないと思う。向こうにももう一人の自分がいるはずだし。
2009/2/17 13:3:0
       2014/1/21 12:30

何か…ゾッとするな


       2019/1/21 2:8

選択肢や分岐もない一本道な物語


過去ログ:次のページ